title

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セローくんと遊ぼう 

我が家(?)にはKAWASAKI W400、DUCATI GT1000ビコローレのほかに
まだ仲間がいます。


誰かというと・・・・・・









07-1007bs200051.jpg

YAMAHA セロー225W(通称セロリン・セローくん)。




(画像がなかったのでネットで拾ってきました。カラーはコレと同じ白紫です)




一応、私も一部ですがローンを負担しています。


これは何かというと、駐車場が遠いので、駐車場へバイクを取りに行くために
今年9月に買ったものです。
中古ですが元気に走り回ってくれてます。



「セローくんと遊ぼう」とは、このセローくんと、ふれあい、
仲良くなろう、という試みです。

これまで教習車(CB400SF)かW400しか乗ったことがないため、
以前初めてセローくんに乗ったときの怖いこと怖いこと。
発進するとき、ダブヨンと同じ感覚でアクセルを開けた瞬間・・・
びゅぉんっ!!と急発進!
ギアチェンジしようとすると、ガクンと急激に効くエンブレ。
ラフなアクセル操作をしたために、まるで暴れ馬のように
びゅん!→ガクッ→びゅん!→ガクッの繰り返しで、怖くなってしまい、
結局数十メートルしか進まずに挫折。
それっきり、セローくんの運転席からは遠ざかっていました。



そんな私ですが、昨日の日曜、気まぐれで少しだけ乗ってみることに。
(おうちの周りを一周するだけでしたが)

発進。
ゴクリ。

ストトト・・・

今度は、特に意識せずとも普通に発進成功!
ギアチェンジもうまくできました。

走り始めてすぐに気づいたのが・・・
「道間違えた~!!」
おうちの周りは一方通行が多く、道を間違っても戻れないのです。

まっ・・・かくかくしかじかで、無事におうちの前へ戻ってこれました・・・。やれやれ。
ダブヨンに乗ってきたおかげか、前のような恐怖心はなく、なんとか乗れました♪
また練習したいなあ。今度はもっとちゃんと。


ですがセローくん、降りるのが怖いです。
リアサスが沈みっぱなしなので、乗っているときは足がベタでつくんですが、
体を浮かせるとサスが元にもどり、一気に車高がアップ。
なので降りようとすると車高が上がるのでなにやらバランスを崩しそうで怖く、
一人で乗り降りができません(汗)。


それにしても、セローはダブヨンとはまったく違う乗り物だということに
気づかされました。
快調な出足の早さ、軽いボディに軽快なフットワーク。
慣れればカーブもヒラヒラ曲がれそう。
同じバイクなのにこんなに違うなんてー。
セローの魅力にとりつかれそうです☆

スポンサーサイト

コメント

バイクライフを満喫していますね~。最近はきゃしゃな女性が大型バイクをブイブイ乗り回しているのを見ることが多くなってきましたね。


セローってバイクのオフロード競技に使用するバイクの形ですね~。



冬はやっぱりバイクは寒いです。もう死にます(笑

kjさん

そうです、オフ車です。
林道やらなんやら行くとたいそう楽しいそうです。
あと、軽いし取り回ししやすいです~。
規制前のバイクだからか、ノーマルのマフラーで
結構いい音してます♪
うちのダブ子も、これくらいの音がでたらなあ・・・。

それにしてもこの季節はほんと寒いですね、
遠出はできないですね・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omishi.blog106.fc2.com/tb.php/35-81aabf4d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。