title

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DUCATI(タンデム)ツーリング@伊豆 

P1030140.jpg

▲11/22発売のロクシタン・ノエルキットローズ♪ 
 バイクにお金がかかってしまい貧乏なのですが、乙女ゴコロを忘れてはいけません。
 ローズは癒されるわ~
 左・ローズ モイスチャーフェースミスト(ミスト化粧水)
 右・ローズ ベルベットハンドクリーム
 ミストはメイクの上からでも使えます。ローズの香りでリフレッシュしたいときに最適!
 ハンドクリームはツーリングで乾燥し荒れた手にやさしく潤います。香りも上品
 

勤労感謝の日、とてもとても寒かったですねー。
DUCATI東京大田さん開催の、5周年記念ショップツーリングがあり、
私も参加してきましたよ。
こっちも見てね~。

ドゥカのツーリングなのでタンデムシートに鎮座。
はじめは「自走したい~!」とのたまっていた私ですが、
のちにタンデムでよかった・・・と心底思うことになりました。
ま、それはのちのち。。


8時に海老名SA集合だったので、朝4時起床!
駐輪場まで彼氏のビコローレ(以下ビコさん)をとりにいかないと
いけなかったので、早めの5:45出発の予定→いつものごとくずれ込む
→6時ちょっとすぎ出発。

環八が早朝からなにやら渋滞しており、環八を避けて迂回しつつ
東名高速にのる。
いや~それにしても寒い!!!!
風が刺すような冷たさ。
貼るカイロ2枚(腰と背中)、ゆにくろのヒートテック下着、
アンゴラの肌着、タートルネックの綿の服、タートルネックのニット・・・
これだけ重ね着しているのに全然足りませんでした。
目的地の海老名についたときには体はガチガチ、震えがとまらず。
おそろしい寒さです。
冬のツーリングの寒さを思い知りました。

さておき、集合場所にはたくさんのドゥカが。
何十人いたのか?20~25人くらいいたのかな?
P1030146.jpg


しかしこれだけドカが集まっているのに、GT1000はビコさんを含めてたったの2台。
もう1台は赤でした。

さて!大勢のドカの中、私の目を引いたのはこの一台!
P1030156.jpg

749Rでーす。
なんとなんと4台もおりました。
アコガレの乾式クラッチ、セパハン、近未来的なマフラー、存在感のあるエンジン音、
スラッとしたボディ・・
どれをとっても素敵なの♪
ひとり女性がこれに乗っておられて、またそれがさまになっていてかっこよかったです。
きれいなお姉さんでした
大型免許をとったらこれに乗りたいと思いましたが、お値段も素敵・・・・・
中古でも無理でしょう。。


P1030180.jpg

マフラーのアップ。マフラーっていうか、穴?近未来的だわ~。



P1030158.jpg

ビコさん「わたしも負けてないわよ!」
ドカというと赤や黄色(その日はいなかったけど)などの原色が多いなか、
このカラーリングは目立ってました。
やっぱり可愛い
ミラーやヘッドライトやウィンカーなどの灯火類が全部丸いのが可愛さを助長しています。
ちなみにビコさんの隣にうつっているトラックは、岩手ナンバー。
てっぺんに雪をのせていました。もう雪が降っているのねぇ・・。


さて、ツーリングの目的地は伊豆ですが、人数が多いので「うさぎチーム」と
「かめチーム」に分かれて出発です。
うさぎチームはどんどん飛ばす人たち(15~20人?)、
かめチームはそんなに飛ばさない女子ライダーとタンデムの私達です。(8人くらいでした)


かめチームはひとり遅れてきた人を待っての出発。
日がのぼってあたたかくなってきたおかげで、朝の凍るような冷たさはなく、
だいぶ楽に走ることができました。(うしろですが)
沼津インターで高速を降り、伊豆中央道を通り、
夏に彼氏とツーリングで行った柿田川湧水群の横を通り、
お昼をたべるお店までまったりと走っていきました。

P1030173.jpg

柿田川湧水群の丸いの。

P1030169.jpg

749Rをついつい目で追ってしまう・・・。

P1030178.jpg

信号で分断されたので並んで待ち~。

P1030196.jpg

ちょっと休憩。お昼へはまだ30kmほどの道のりがあるという・・・。
ここでなぜか甘納豆を2袋も買う。

P1030198.jpg

並んでいるところをパシャリ。
749R3台、モンスター4台、ビコさん。(かな?)

P1030205.jpg

紅葉しかかっていますがまだまだのようです。


P1030225.jpg

待ちに待ったお昼。写真にうつっていないけど他にもいろいろありました。
お刺身と魚フライがおいしかったですっ。


P1030233.jpg

お店の目の前が海です。


一泊ツーリングなのですが、我々は日帰り参加だったので昼食後にお別れ。
伊豆半島を周遊しながら帰ることに。

P1030239.jpg

海だ~

P1030253.jpg

ビコさんの車窓から。


帰り道は、日が沈むと朝のような恐ろしい寒さになるとわかっていたので
早めに帰ろうとしたのですが・・・、冬なのであっという間に日が沈んでいきます。
道を間違えたため海岸線をず~っと走ってました。
ここで・・・起床時間が早かったのと疲れが出てきたのとで、途中少し気を失っており
怒られました。
これだけ寒いと眠くなるはずがないのに、おそろしいことです。
絶対寝るまいとしているのにいつのまにか・・・。
困ったものです・・・。


P1030258.jpg

白浜海岸にとうちゃく。コンビニであたたかいココアを買う。
日没前の風景をパシャパシャ。

P1030262.jpg

この寒い中、サーファーがいっぱい!
この人たちの体はどうなっているのか・・・・・。


その後も海岸線を走り、熱海峠?箱根峠?(よく覚えていない)を抜け、
ようやく伊豆スカイラインに近づいたころにはとっくに日が暮れ、真っ暗になっていました。
突き刺すような寒さが、どんどん体力を奪っていきます。
彼氏のグローブも冬用のがいいのがみつからず、やむを得ず夏用を使用しているため
寒さで手の感覚がなくなっていきます。
そして伊豆スカイラインは外灯なし、ひたすら真っ暗な山道・・・
通る車の数も少なく、なんとも寂しく、心細い道です。
一歩間違えれば確実にカーブに刺さります。
これがまた長い道のりで、走れど走れど終わりがこない。
一時間くらい?もっと?真っ暗で寒い峠の中を、泣きそうになって走り続けました。
もし自走していたら途中で怖くて走れなくなっていたかも・・・。
体があまりの寒さで固まって、足の付け根とかが猛烈に痛く辛かったです。
だけど、峠の途中で見た、熱海市街の夜景がとてもキレイでした!
写真を撮る余裕はなかったですが・・・


やっとの思いで伊豆スカイラインを抜け、箱根の山をおりていく途中、
ビコさん「おなかがすいたよー」
なんと、燃料が残り少ないという。
急いでスタンドを見つけて入ろうとすると、もう閉店だといってロープを張られてしまった。
「ここから一番近いスタンドはどこですか?」とたずねると
「小田原」ピシャリと言われてしまった。
なんだ、燃料がなくて困っているのに、ひどいじゃないか!

仕方なく小田原へ向かうため山をおりていくと、なんと渋滞!
渋滞に巻き込まれている内に、ビコさんの空腹ランプがついてしまった。
いよいよあと2~30kmしかもたなくなり、絶体絶命。
しかし不幸中の幸いで下り坂だったため、アクセルはほとんど使用せず
すり抜けしておりていくことができました。
ここでも長い時間を費やし、ようやく渋滞を抜け、小田原市内へ・・・。
スタンドをようやく見つけたときは、山の中で遭難してさまよっていたときに
人家を見つけたときくらいの感動でした。

給油後、セブンイレブンで温かいお茶とおでんとピザまんを買う。
寒くて体の震えがとまらず。
温かい食べ物をお腹に入れて、少しはマシになったかというと、そうでもない。
また震えながら帰路につく。
前の日光ツーリングのときにも感じたことですが、寒いときはじっとしているより
走っているときのほうが寒くない。止まっているほうが寒いんですよねー。
そんなこんなで無事、東名高速にのり、海老名SAで一休み。
ここでぽつねんと止まっている749Rを見つける。
今日のツーリングの参加者で、日帰りの人が他にいたのかしら?と言っていたら
やはりそうでした。

海老名までくれば、あとひとふんばり!
幸い渋滞もなく、スムーズに1時間半ほどで、おうちに戻ってこれました。
帰宅したら23:30・・・昼食後に皆と別れてから、ほとんど道草もせず帰ってきたのに
8時間以上もかかりました!
おそろしく長く、寒い道のりでした・・・。
寒さで手が見たことないほどパンパンにむくんでいたのがびっくりでした。
最後にお風呂に入ってあたたまりました。


かなり過酷なツーリングでしたが、帰ってくればいい思い出です。
ただし、もう冬場の長距離ツーリングはこりごりな感じです・・・。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omishi.blog106.fc2.com/tb.php/31-e021d022

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。