title

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビビリミッター、復活。 

メリークリスマス

P103052411.jpg

クリスマスなので手作りケーキの写真でも。
スポンジ以外は私作です。


クリスマスイヴイヴは、ひさしぶり(1ヶ月以上?)に
かえる丸で外出しました。
最近はあまりの寒さに、ずっとお出かけはタンデムでした。

しかし、このまま春まで乗らなかったら、
バッテリーとかも上がってしまうし、
運転もやっと慣れたのにまた下手になってしまう!
と、maxfritz femmeさんまで行って来ました。


案の定、運転は昔に逆戻りで、下手になってました。
さらには車が怖く、注意力もなく、運転中に激しく凹む出来事ありで
散々たるもの。
真剣に自分の運転能力を疑いました・・・。



前から思ってたことですが、車道をクルマ専用とバイク専用レーンに
わけてほしい。
そうすればクルマにはさまれて怖い思いをしなくてもいいのに。
ライダーのみなさん、そう思ったことありませんか??
(私だけ?)


いつもいく美容室の美容師さんで、
偶然私と同じ時期に、同じ教習所へ通っていた人が2人いるんですが、
お2人とも通勤でバイクに乗っておられる様子。
ひとりはビックスクーターで、もうひとりはドラスタ400。
何度かお店の前に停まっているのを見かけました。
私なんかより、よっぽど運転も上手に乗りこなせているんだろうなぁ~。
と、うらやましく思います。

やはり継続して乗らないとだめですね、私の場合は。
乗らない期間が長いと、比例して腕も確実になまっていくようです。

スポンサーサイト

セローくんリアサス交換 

だいぶ前ですが先週の日曜、セローくんのリアサスを交換しました。
(私は見てただけですが・・)

彼氏がヤフオクで落札したサスペンションですが、新品で買うと5万円以上もするそうな。
バイクのパーツって国産でもこんなにするんだあ~。
外車は・・・怖い怖い。


そのサスを持って、世田谷区は松原の「モタロー」さんへ。
個人のバイク屋さんというと、頑固なおやじというイメージですが(偏見?)
(たとえばJyaJyaに出てくるカヤナギさんのような・・・(わかる人いる?))

ここの店主さんは、おやじどころか、笑顔の素敵な気さくなおじさまでした。
サスの交換の間、外に出ていても何も無いのでお店の中で見学させていただきました。
初めて間近で見るプロの仕事!
ほっほぉ~、へえ~、と感心することの連続です。

手際よく、セローくんのカウル?やシートが外されてゆき、骨格があらわに。
そして何やら部品を取り外し、テキパキとサス交換完了~。
見ていて飽きないしあっという間に終わってしまいました。

交換後はシートの沈みも前ほどひどくは無く、彼氏曰くおしりが痛くなくなったそうです。
リアシートに乗っている私はいまひとつ分からずですが・・・

その帰り道、団地の周りでくるくるとセローくんの練習をして帰宅。
Wのつもりで2速で40kmくらいで走ってみたんですが、どうもエンジンが苦しそう。
3速に入れたら、50kmくらいまでいけました。
後から聞いたら「引っ張りすぎ」だそうです。
セローは超低速走行型バイクなので、ふつうは4~5速くらいで走るのだとか(?)
う~ん、なかなか勝手が違うもんだなあ。
ギアのペダルもなんだかWに比べると小さいし。

しかし出足のよさはピカイチ!
225ccなのに馬力があるんでしょうか?
Wだとエイッと力が必要なちょっとした坂でも、セローならスイスイ~ですもん。
不思議~。

だけど250ccくらいのバイクって気楽に乗れていい。
なんといっても軽いし、取り回しのしやすさに感動。。

セローくんと遊ぼう 

我が家(?)にはKAWASAKI W400、DUCATI GT1000ビコローレのほかに
まだ仲間がいます。


誰かというと・・・・・・









07-1007bs200051.jpg

YAMAHA セロー225W(通称セロリン・セローくん)。




(画像がなかったのでネットで拾ってきました。カラーはコレと同じ白紫です)




一応、私も一部ですがローンを負担しています。


これは何かというと、駐車場が遠いので、駐車場へバイクを取りに行くために
今年9月に買ったものです。
中古ですが元気に走り回ってくれてます。



「セローくんと遊ぼう」とは、このセローくんと、ふれあい、
仲良くなろう、という試みです。

これまで教習車(CB400SF)かW400しか乗ったことがないため、
以前初めてセローくんに乗ったときの怖いこと怖いこと。
発進するとき、ダブヨンと同じ感覚でアクセルを開けた瞬間・・・
びゅぉんっ!!と急発進!
ギアチェンジしようとすると、ガクンと急激に効くエンブレ。
ラフなアクセル操作をしたために、まるで暴れ馬のように
びゅん!→ガクッ→びゅん!→ガクッの繰り返しで、怖くなってしまい、
結局数十メートルしか進まずに挫折。
それっきり、セローくんの運転席からは遠ざかっていました。



そんな私ですが、昨日の日曜、気まぐれで少しだけ乗ってみることに。
(おうちの周りを一周するだけでしたが)

発進。
ゴクリ。

ストトト・・・

今度は、特に意識せずとも普通に発進成功!
ギアチェンジもうまくできました。

走り始めてすぐに気づいたのが・・・
「道間違えた~!!」
おうちの周りは一方通行が多く、道を間違っても戻れないのです。

まっ・・・かくかくしかじかで、無事におうちの前へ戻ってこれました・・・。やれやれ。
ダブヨンに乗ってきたおかげか、前のような恐怖心はなく、なんとか乗れました♪
また練習したいなあ。今度はもっとちゃんと。


ですがセローくん、降りるのが怖いです。
リアサスが沈みっぱなしなので、乗っているときは足がベタでつくんですが、
体を浮かせるとサスが元にもどり、一気に車高がアップ。
なので降りようとすると車高が上がるのでなにやらバランスを崩しそうで怖く、
一人で乗り降りができません(汗)。


それにしても、セローはダブヨンとはまったく違う乗り物だということに
気づかされました。
快調な出足の早さ、軽いボディに軽快なフットワーク。
慣れればカーブもヒラヒラ曲がれそう。
同じバイクなのにこんなに違うなんてー。
セローの魅力にとりつかれそうです☆

メットくんそろそろ寿命? 

私の愛用メットは、ダムフラッパーのチアバタフライのホワイトです。
原付の免許をとった少し後に購入したので、まだ2年くらいしか使ってません。

P1030305-.jpg


MOMOメットみたくしたくて、以前はピンク色のハーフシールドを使用しておりましたが
タンデムであっても大きいバイクの後ろはかなりの走行風を受けるため、
今年の夏に普通のシールドに買い換えました。


P1030306-.jpg

メット両側に蝶のプリントがあって、左側は紫とピンクとシルバーのラインストーンを貼って
デコレートしています☆(一部、はがれていますが・・)



P1030307-.jpg

後ろから見た図。
紫の蝶は2りんかんで買ったステッカー、周りのお花はラインストーン。
右下の「W」ステッカーは、ショップのWツーリングに参加したときに
いただいたものです☆






メットの寿命は買ってから3年と言われています。

なので、あと1年はもつかと思っていたのですが・・。

気づいてしまったのです。
先日のドゥカツーのとき、いやにメットが前へ前へとずり落ちてくることに。

上に戻しても、30秒とたたないうちにまた落ちてくる。
放っておいたら、視界の半分くらい見えない位置にまでズルズル・・・。
中綿がだめになったのかしらん?
う~ん、まだしばらくはこれでいこうと思っていたのに、買い替えかなぁ
ネックウォーマーを鼻の上までかぶせていれば、隙間が埋まるからか
ずり落ちてこないっぽいんですが、それでも春までが限度かしら。


再び同じチアバタフライのものを買い求めようかとも一瞬思いましたが、
大きいバイクに乗るようになってからは、そろそろ安物のメットじゃなく、
ちゃんとARAIかSHOEIのがほしいなぁ、と、思っていたんですよね。

先日、東雲のライコランドに寄ったとき、少しメットを物色。
それにしてもいろんなタイプがあって迷います。
思い切ってフルフェイス?それとも無難にジェットタイプ?
色々かぶってみましたが・・・フルフェイスかぶると、
やたら頭でっかちでなんか変!
私の予想ではもっとカッコよくなるはずだったのに。
実際フルフェイスかぶってる男の人とか見ると、
カッコいいな~って思うのに、自分がかぶったときのこの落差はなに??


しかもバイクはクラシカルなブリティッシュテイストなのに
メットだけ攻める気マンマンのフルフェイスなのもバランス的にどうかと・・。
そうなると、やっぱりジェットなのかなあ~。
いつかレプリカとかに乗ってみたいという夢があるんですが、
そのときまでフルフェイスはとっておくか・・。

だけど、ARAIのは全体的に被りにくい気がします。
同じサイズでもSHOEIより小さいらしいですね。
私はSHOEIのほうがいいかなあ。

まだそこまで色々見たわけではないけれど、柄とか色もどうしようかな。
無地はジミですが・・、柄物もハデなのはいやだし・・・。
まっ、ぽちぽちとネットであたりをつけるか。


MOMOのファイターも可愛いけど、MOMOって純正の半シールド以外
不可なのかしら?
半シールドはキツイです・・・(経験より)。



▼その「あたりをつけたメット」たち。
公式サイトで「レディースにおすすめ」で出てきた。


SHOEI J-STREAM AMO
0018_main_01_450_360.jpg

ホワイト・ブラック・ブラウンの3色。
リボン様のお花?の絵がキュート。



SHOEI RFX VOGUE
0024_main_01_450_360.jpg

ピンク・ブラックの2色。
ちょっといかついかな?


ほかにもいろいろ探してみよー。



この記事を読んでくれているオシャレバイカーの皆さん、
どんなメットを使ってらっしゃいますか?
教えていただければ幸いです。




追記:
本日、近所(池袋)までかぶっていたところ、なぜだかまったく
ずり落ちてくる気配がありませんでした。
うーん、なんなんだろ?
もうしばらくこのままで様子を見てみます。

【インプレ】フーテットライドJK2 

今日は秋から大活躍の、マックスフリッツファムさんの
「MFLB-1447 フーテッドライドJK2」のインプレです

mflb1447hp.jpgmflb1447black1.jpg


カラーはブラックとカーキで、私はブラックを選びました。

「コヨーテの毛皮(取り外し不可)で首周り暖かです。
風でフードがバタつく心配も無いです。
ウエスト(写真左)と裾部分にアジャストゴムが付いているので
体の隙間から入ってくる風を防ぎます。
シンサレートを挟み込んだ裏地は保温性も高く、軽さもあるので気軽に羽織れます。
ハンドウォーマーポケット付き。」(お店説明文引用)


以前お店で、「あたたかい冬用のジャケットはないですか?」と尋ねたところ
すすめられたのがこれでした。
なるほど、シンサレート素材を使用しているので、軽いのにあったか!
マックスフリッツさんのジャケットにはどれも言えることですが、
ポケットが多いのが嬉しいですね
私は、胸元のファスナーポケットにはカギ、リップクリームなどを、
下のボタンポケットにはデジカメや携帯電話などを入れています。
デジカメもすっぽりな大容量


下は実際の着画です~。
正面の写真がなかったのでわかりづらいのですが、
丈はちょっぴり長めでお尻も隠れてGood
バイクに跨ると邪魔にならず丁度いい長さです。
10月下旬のツーリング(伊豆)を皮切りに、それ以来バイクに乗るときは
毎回着ています。
もちろん、11月頭の日光ツーリングや下旬のドゥカティツーリングにも♪


P1030078.jpg



着てもぴちぴちにならないため、中に厚手のインナーや、重ね着もOKです。
寒さが厳しいときはウエスト部分のゴムでアジャストしたり
袖口もギュッと引っ張って風の侵入を防ぐことができる、まさに万能ジャケット☆
おそらく多少の雨にも強いのではないでしょうか。

お気に入りのポイントは、フードのふわふわファー♪
ジャケットは黒ですが、このファーのおかげで顔周りを
ぱっと明るい印象に見せてくれます。
フードの中にももこもこの毛皮がついていて気持ちいい


もちろん、バイク着としてだけでなく、私は寒い日の通勤にも着用しております

最後に、残念ながらこのジャケットは去年のモデルだそうで、
在庫がなくなったら終了とお聞きしました。
いまや私の冬の必需品、なくなる前に出会えてよかった

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。