title

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンク完成&初めてのツーリング 

【注】今回は、長いです。。。



21日、待ちに待ったタンクが完成しました!
実際には20日くらいには取り付け等できあがっていたそうなのですが
21日はバイク屋さんのショップツーリング(しかもWオーナーのみ)に
お誘いを受けていたので、それならお店にバイクを取りに行って
そのまま出発しようということになったのです。

そもそもこのWツーリング、お誘いは一ヶ月くらい前から受けていました。
ただそのときは、本当に免許とりたてホヤホヤ、納車もまだという状態だったので
遠出なんてトテモトテモ・・・という感じで返事を濁しておりました。

で、しばらくして携帯にメッセージが入っていました。
タンクの途中経過と、二度目のツーリングのお誘い。

そして、先日のことですが、タンクができましたというメッセージとともに
三度目のツーリングのお誘いが。
(仕事中電話出れないんです・・・・・小さい会社だもんで、こっそり電話する
場所もなくて)


まだ免許とって1ヶ月ちょっとだし、あんまし乗ってないし、公道こわいし
エンストしまくるし、こんなんで参加できるのか?!と疑問に思いつつも、
これだけ熱心に誘ってくださるなら・・・・と最後は熱意に負けました。
うん。正直ここまでしつこく誘ってもらえなかったら
きっと、はなから「できない」と決め付けて、参加してなかったと思う。
だからとても感謝しております。



さて前フリが長くなりましたが、初めてのツーリングの朝。
5時半起きです。
7時ちょっとすぎに彼のGTに乗せてもらってお店へ向かいました。

集合時間の7時半ちょうどくらいに到着、すでに何台かのWとオーナーさんが
集まっていました。
Wは女性に人気だそうで、その日の参加者(11人くらいだったかな?)の
半分くらいは女性でした。
そんななか、待ちわびたマイダブヨンとの再会!


じゃーん。
bmimi.jpg


タンク
btank.jpg


サイドカバー
bb.jpg


黒、白、金のなんともシンプルな色使いです。
パンダぽくも見えて可愛いw
サイドカバーの「W400」のロゴは、お店の方がわざわざフォントをつくって
くださったそうです。
「W」がハートのようにも見え、蝶のようにも見え・・・・素敵なできばえです♪
あー、もうなんて可愛いんだろう・・・・我がダブヨン。


そんな我が子に酔いしれている間に、ツーリングのミーティングが始まり、
説明などを受けて8時に出発です。
彼はバイクの種類が違うので不参加で、ここでお別れです。


ちゃんと数えていなかったのですが、おそらく11台?のW650とW400で
ゾロゾロと走るさまはなかなか壮観でありました。
(前半、皆のペースについていけずひとり遅れてましたが)


ちゃんと、最後尾にお店の方がいてくれて、はぐれる者がでないよう
気を配ってくださっていたので、安心して走ることができました。
ほか、車線変更なんかのときも、先に行って誘導してくれるので
とても助かりました。


わたし、ブレーキが遅いみたいで、これは直さないといけないんですが、
交差点に入る直前で黄色信号にかわったとき、止まれないんですよ。
Wはリアがドラムブレーキといって、効きがわるいそうなんですが、
そのせいもあってか、止まれない止まれない。
なので、面倒だから行っちゃえーと、黄色で突っ切ってしまうんです。
何度かそれで、後ろについてきてくれてたお店の人を信号で置き去りに
してしまいました・・・・・・・。ごめんなさい!!!


そんなこんなで、出だしは(体力もあったし)快調な滑り出し。
大勢のバイクと一緒で、安心感もありましたし。
千鳥走行という走り方も覚えました。


初めての高速道路も、最初はちょっと怖かったですが、慣れれば
かえって楽ちんでした。
なにせ、ギアチェンジや信号待ちなどをしなくていいのですからね。
ものぐさな者にはぴったりですね。


いったん海老名SAで休憩し。。。
早かったですね~。東京から1時間でこれたので、近いなーと思いました。

P1020917.jpg

その後は、沼津港でWを並べて記念撮影して、昼食。
それにしても、参加者の皆さん、みんないい人たちでした。
優しいし、いろいろ気配りしていただいて。。
女性が多いのが嬉しかったです。


それから、修善寺方面へ向かい。。到着したのが2時45分くらい?
実はこのときすでに、けっこう疲れていました。


ここではちみつソフトを食べ(ツーリングのときはなんか毎回ソフトクリーム食べてるな)、
ちょろっと休憩したら、そろそろ帰路につきました。

伊豆スカイライン~箱根新道~小田原厚木道路~東名高速へ
なのですが・・・この伊豆スカイラインが、かなりの景色がよく、
絶景スポットが数多くある素晴らしい道路だったのですが、
峠道だったのです。
カーブが・・・・・怖かったです。
皆慣れているのか、早いんですよ。
あっというまに前の人の姿が見えなく・・・・待ってーーうわーーん
そして3回くらい、曲がりきれなくて、対向車線に飛び出して
そのまま壁に当たりそうになってました。対向車きてなくてよかったよ。
おそらくわたしがものぐさでギアを3速に入れたままなのが悪かったね。

ほんとに怖くて終始ガクブルだったんですが、無事帰ってきた今となっては
よい思い出です。
こういう経験のひとつひとつが、きっとステータスになってゆくのでしょう。



東名高速に入ると・・・ちょっと渋滞しておりました。
すり抜けはちょっとムリかなあ~ということをお店の人に伝えてはいたのですが、
彼の後ろで渋滞のすり抜けは見てたことあるし、なんとかなるか?と、
試みてみた。
できなくはないかな?案外いける~
でもきっと、他の人の目からは、危なっかしく見えていたかもしれません。



そんなこんなで、初めての連続で、緊張とかなんだとかで
体はガチガチになって、肩や首や腰や足なんかが痛く、
疲労のピークもとっくに迎えていたのですが、なんとかがんばって
帰ってくることができました。

ですがきっと、一番疲れたのはお店の人じゃないでしょうか。
参加者全員がきちんと安全に走れるように、常に気を遣って、
わたしのようにへっぽこい者には特に気をつけて。。。
最後までそばについていていただいたおかげで、
何事もなく無事に帰ってこれたんです。


途中、峠や渋滞の恐怖で、こわくてこわくて、
ほんとにどうしようかと思って、泣きそうになりながら
走ってたんですが、そこで逃げ出さず、最後まで走りきったことで
きっと少し成長できたんだなあと思います。


ツーリングから帰ってきて、公道が前ほど怖くなくなりました。
60km/hだすのすら怖かったのに、平気でちゃんと加速できるようになりました。
彼曰く、人並みに走れるようになったそうです。
往復320km完走して、得たものは大きかったです。



お店に到着したのは9時前でした。
海老名で現地解散になったので、ほとんどの人とは途中でお別れでしたけど、
みなさま、おつかれさまでした。


さてさて、現在の走行距離、ピッタリ500kmです。
初回点検までまだ500kmあるよ・・・。
1000km走るころには、いまよりさらに上達してるかしら。


車庫に入るダブヨン。
P1020927.jpg

ダブヨンもおつかれちゃん。



それにしても、バイクに乗る男の人ってやっぱカッコイイと思いました。
走りながら左手で合図とかする仕草がドキっとするんですよ。

スポンサーサイト

坂道。その後 

朝晩、さむくなりました。
歩いているとちょうどいい気候ですが、バイクに乗ると既に寒い気候に。
バイクって、季節をじかに感じられる乗り物だと再確認。


前回坂道が怖いという内容の記事を書きました。
すこーしずつですが、克服されつつあります!

先日乗っているとき、なぜ坂道がうまく発進できなかったのかが、解明されました。
回転数を上げてから少しクラッチをつなぐとき、
回転が上がりすぎて、それが怖くてアクセルを戻してしまっていたのです。
アクセルを戻したら回転が0になって、エンストを起こしていたらしい。

坂道の場合は回転をいつもより高めに維持し、絶対にアクセルを戻さないこと。
隣にいる彼に、坂で止まるたびに言ってもらって、
何とか(時間はかかるけれど)落ち着いて発進ができるようになってきました。
発進にかかる時間を短縮したいのですが、焦るとすぐにエンストしてしまうので
時間がかかるのです
そのため、後ろで待つクルマにクラクション鳴らされてしまったりします・・・。


この前は、坂でとまったとき、わたしの真後ろに、ピッタリと、
バイクのお兄さんが止まったのです。
ミラーごしに見える顔が怖い・・・・・・・・
見えにくいかもしれないけど、初心者マークつけてるじゃん!
なにもこんな、見るからにへっぽこそうなやつの真後ろに密着しなくても!!
発進失敗して、後退してしまったらあなたのバイクに直撃ですよ?

・・・と、信号が青にかわるまで、かなりの緊張っぷりでした。
実際には、わたしの発進が遅くて、そのお兄さんは先に行ってしまったのですが。

あ~、こわいこわい。
坂で他人のバイクのそばにとまるときは、自己防衛のためにも、
車間距離をあけてほしいものです。


なにはともあれ、早くウデをあげないと
レディスバイク教室、行ってみたいなあ。

バイクで行けるカフェ②ritmo sereno 

カフェ第二段!今度のカフェは9月に行ったリトモセレーノさん。
まだダブヨンの契約もしていないときだったのでこのときもタンデムで。

ritomo.jpg

闇夜に浮かび上がる看板。
ほんとに周りは何もなく、夜は真っ暗です。



バイク屋さん 兼 カフェなのかしら?
店内にはむかしのBMWやモトグッツィなどなど、レーサーっぽいバイクがズラリ。壮観です。あの紫のグッツィかっこよかったな~。
筆者は白のBMWがあんまりにも可愛くて一目ぼれです・・・。大型免許は持っていませんけどね。


とりあえずカフェ目的で行ったので、カウンター席に座ってカフェラテとチーズケーキを注文。
ritomo2.jpg

ritomo3.jpg



飲み物にはビスコッティがついてきて、それをカフェラテに浸しながら少しずつ食べる。香ばしくておいしい。
エスプレッソをミルクに自分で注ぐスタイルも斬新。
そ・し・て!このチーズケーキが絶品なんです。チーズが濃厚~~で、かなりしっかりおなかにたまります。
おなかも視覚も満足できること間違いなし♪
とくに旧車好きじゃなくても「いいな~」って思える空間ですよ。

バイクで行けるカフェ①superracer 

女の子はカフェが大好き
てなわけでバイクで行ったお洒落なカフェの話題もちょくちょく書いてみようと思います。
や、別にバイクじゃなくて徒歩や電車やクルマで行ったっていいんだけどさ、やっぱりライダーのはしくれとしてはバイクで行ってみたいもの。

とはいえ、今回のカフェ「スーパーレーサー」さんは、まだわたしが免許をもっていなかったころの今年7月、相方とタンデムで行きました。

場所はお台場らへん。(テキトー)
super.jpg

外看板はこんな感じ。
駐輪スペースにはハーレーやアメリカンが数台いました。


店内はちょっぴり薄暗く照明をおとしていて、落ち着いた静かな雰囲気。
時間が遅め(22時くらい?)だったせいも、あるかもしれませんが。

クルマやバイクで来る人のためっぽいカフェですが、あえてビールなどのリキュール類も用意してあったりw
もちろん飲酒運転は絶対ダメですよ。


注文すると、カウンターでお姉さんが飲み物を作ってくれる間、少々待ち時間ができます。店内のマガジンラックにはバイク関係の雑誌が用意されていて、読んでひまつぶしできます。


で・・・出てきたのがバナナシェイク。
super2.jpg

飲んだ後に気づいて撮影のため、あんまりきれいじゃなくて恐縮ですが・・・。


しかし、これが最高にうまい♪
バナナの濃厚な味が、バナナ好きにはたまりません。


優雅なひとときが過ごせることうけあいです。
今回は食べませんでしたが、軽食もあるのでおなかがすいていても便利。
ライダーのミーティングなんかでもよく利用されるそうですよ。

坂道が怖い・・・ 

めっきり、寒くなりましたね。
この気温のせいか、今日は朝から頭痛がひどいです。
風邪っぽいのかなあ。
みなさま、急に寒くなったので体調にはお気をつけくださいね。



さて、公道に出るようになってからというもの、怖いものがいっぱいです。

中でも怖いのが、坂道。。
教習所の中では坂道発進なんてなにひとつ苦労しなかったのに、どうしてなのでしょう。

坂っていうほどの坂ではなく、ちょっとした斜面で止まっただけでも発進がうまくできません。
走り出そうとするとエンストしてしまいます。
後ろでクルマが待っていたりすると焦ってしまいますます失敗の繰り返しに。。


教習所での坂道発進の手順は、

・リアブレーキをしっかり踏む
・アクセルを5~6000回転まで上げる
・半クラにするとガクっと回転数が下がるので、再び3~4000回転まで上げる
・ゆっくりとリアブレーキを離す

で、失敗知らずでした。
なぜかわからないけれど、ダブヨンで半クラが上手くできません。感覚が教習車と違う気がする。あくまで気がするだけですが。


どうすればいいのでしょう・・・・
自分が情けなくて悲しくて・・・


あと小回りができない。
道路沿いのお店とかに入るのでもかなりの大回りになってしまう。。



そして、相変わらずクルマに容赦なく煽られるので、こんなものを付けてみました。
Image097.jpg

目立たないなー

ちょうどNAPSでわたしがこのミニ初心者マークを探していると、男の人の2人組みがこんな話を。
「道が怖くて仕方ないから、初心者マーク付けようかなー」
「そんなのいらないよ。走り方を見れば初心者かどうかなんてすぐわかる」

そうなのかい?
ベテランのライダーならあるいはそうかもしれないが・・・、バイクなんて乗ったことも無い、クルマの運転者にはそんなのわからないんじゃないのかなあ。
まあ、素人目にもわたしの運転は相当危険だということは、察してもらえるだろうけど。


とか思いつつ買いましたー。
マグネットの力が思いのほか弱く、しかも貼る場所がなく、シートの後ろのわずかな隙間に・・・。
これじゃあ、見えませんよね。
でも、なにもないよりはいいか・・・と、気休めにしています。



ダブヨンを買ったショップのツーリングにお誘いをいただいているのですが、この運転ではまだムリなんじゃないか・・・と迷っています。
斜面で止まるたびにエンストばかりじゃ、ツーリングにならないですよね。
はぁ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。